不妊症と二人目不妊 - 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

二人目が授からない「二人目不妊」

二人目不妊とその特徴

二人目不妊とは、一人目は自然に授かったのにも関わらず、二人目(以降)がなかなか授からない不妊症のことです。二人目不妊かどうかの目安となる期間は、通常の不妊症と同様に避妊をやめてから2年です。正確には、前回出産後の授乳期間を終えた後に避妊をやめてから2年となり、この期間に授からなければ二人目不妊が疑われます。また二人目不妊の方には、以下の特徴がよくみられるそうです。

  • 一人目は結婚後、早い段階で自然妊娠している
  • 不妊症の基本検査をおこなっても大きな異常がない
  • 実際に一般不妊治療をおこなってもすぐには妊娠しない

二人目不妊の原因

二人目不妊のもっとも大きな原因と言われているのが「加齢」です。
近年は女性の晩婚化に伴い、一人目の出産後、二人目を授かろうとした時にはすでに年齢が30代後半という場合も珍しくありません。ところが女性は35歳を過ぎると、ホルモン分泌が悪くなったり子宮機能や卵子の質が徐々に低下してくるため、前回よりもさらに妊娠しにくくなると言われています。

また、男性も20代をピークに男性ホルモン量が減少しやすく、また年齢を追うごとに、社会的なプレッシャーやストレスや、喫煙・飲酒量も増えがちになるため、その影響により精子の質が低下したり精子数が減ってしまうことがあるそうです。

他にも、出産後の性感染症(クラミジアや淋病など)や、前回の分娩時に大量出血・帝王切開などの経歴があると、子宮や卵管が癒着を起こしている可能性があり、それが不妊症の原因になる場合もあります。

前回たとえ自然妊娠をしていても、現在不妊症の原因がまったく無いとも言えません。二人目を希望して1~2年授からない場合は、念のためにご夫婦で相談の上、早めに対策を練られることをお勧めします。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ