かんたん解説「人工授精」 - 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

かんたん解説「人工授精」

人工授精とは

人工授精とは、男性から採取した精液を直接子宮内に送り込み、人為的に受精を補助する治療法で、主に以下の場合に用いられます。

  • タイミング法や薬物療法などで結果が出なかった場合
  • フーナーテスト(性交後試験)の結果が悪かった場合
  • 性交痛やEDといった性交障害がみられる場合
  • 男性の精子濃度や運動率に問題があった場合

人工授精の手順と身体的負担

人工授精は、自力での排卵があれば自然な排卵周期に併せ、自力での排卵が困難な場合は、排卵誘発剤で排卵をコントロールし、(1)〜(5)の手順で行われます。

  • 排卵のタイミングに合わせ、男性が自宅か病院で精液を採取します。自宅の場合、冷やさないよう肌着などに入れ2時間以内に病院に持参します。
  • 提出した精液は専用の機械にかけられ、ゴミや細菌、奇形や運動率の悪い精子、赤血球・白血球などを除去、状態の良い精子だけが濃縮されます。
  • 濃縮した精子が、やわらかく細いチューブで子宮内に直接注入されます。
  • 注入後は15分〜1時間ほど安静にし、終了となります。
  • 黄体機能が弱い方は、④の後に着床率を上げるため注射か飲み薬で黄体ホルモンを補充します。

人工授精における身体的負担は、頭痛や吐き気など排卵誘発剤の副作用や、③の処置の際に伴う多少の痛みが主なものです。中には全くなかったという方もいらっしゃいますので、個人によって現れ方がそれぞれ異なるようです。

人工授精の成功率

人工授精の成功率はおよそ5〜15%と決して高いとは言えません。そのため数回で妊娠されるご夫婦がいらっしゃる反面、10回以上行っても妊娠できないといったご夫婦も大勢いらっしゃいます。人工授精で結果が出ない場合は、医師と相談の上、さらに次のステップである体外受精・顕微授精へと進みます。

人工授精の費用

人工授精の費用は、1回あたりおよそ約5,000円〜20,000円ほどで、病院ごとに多少金額が異なります。そのため、人工授精をご検討中の方は予め費用を問い合わせておくと良いでしょう。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ