不妊症の確率- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊症の確率

ご夫婦の10組に1組は不妊症

一般的に、健全なご夫婦が妊娠を希望し定期的に性生活を送っている場合、80%のご夫婦が1年以内に妊娠し、90%のご夫婦が2年以内には妊娠すると言われています。
いわば、ほとんどのご夫婦が2年以内には妊娠しているという統計から、日本産婦人科学会では、2年以上妊娠しない残り10%のご夫婦を不妊症であると定義付けています。

言いかえれば、ご夫婦全体の10組に1組の確率で不妊症のご夫婦がいらっしゃることになります。さらに近年では、世界的な不妊人口の増加から7組に1組が不妊症であるといった報告もあり、不妊症が決して特別なものではなくなってきていることが伺えます。

不妊の原因は男女ほぼ半々

昔は、「不妊症は女性側の原因」と考えられる風潮がありましたが、医療の発展とともに実は男性側にも原因があるということが明らかになってきました。
そして今では不妊の原因は男女ほぼ半々の確率であると言うことが分かっています。

不妊の原因別グラフ

もし赤ちゃんがなかなか授かりにくい場合、女性側だけに問題があると考えていては、男性側の原因を見落とし、妊娠までの道のりがますます遠くなってしまうことにも繋がりかねません。そのため「不妊症かも?」と少しでも思われる場合は、男性女性のどちらか一方だけではなく、ご夫婦揃って検査を受けられることをオススメします。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ