不妊治療の中の「ホルモン治療」- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊治療の中の「ホルモン治療」

ホルモン治療の役割

不妊治療におけるホルモン治療の役割は、ホルモン剤を用いて体内のホルモンバランスを調整し、より妊娠しやすい体に近づけることです。
不妊の原因にはホルモン分泌の異常が関わっている場合が多く、男女問わずおこなわれます。ホルモン治療は以下の場合に使われます。

排卵障害の治療

女性に排卵が見られない場合、排卵をおこすためにホルモン剤の一つである排卵誘発剤が使われます。症状が比較的軽症の場合は、「クロミフェン製剤」や「シクロフェニル製剤」などの内服薬で排卵を促します。
この方法でも排卵がみられない場合や症状が重症の場合には、さらに強力な「hMG製剤」「FSH製剤」「hCG製剤」と呼ばれる注射を使って排卵を起こします。

着床障害の治療

黄体ホルモンの分泌が悪いために子宮内膜が厚くならず、受精卵がうまく着床できない場合、「黄体ホルモン製剤」を投与し子宮内膜を整える治療がおこなわれます。黄体ホルモン剤には、内服薬・注射・膣座薬があります。

子宮内膜症の治療

不妊症の原因の一つである子宮内膜症の治療には、手術以外にホルモン治療も用いられています。子宮内膜症はエストロゲンというホルモンの分泌によって進行していくことから、エストロゲンの分泌を抑制する「GnRHアゴニスト製剤」や「ダナゾール製剤」というホルモン剤を投与することで症状を抑えます。投与には、内服薬・注射・点鼻薬の3つの方法があります。

造精機能障害の治療

男性の精子数や運動率が悪い場合、治療の一つとしてホルモン治療がおこなわれます。「男性ホルモン製剤」で直接男性ホルモンを補充したり、男性ホルモンの分泌を促すために、女性の治療にも使われる「クロミフェン製剤」「hMG製剤」「hCG製剤」などを用います。

ホルモン剤の効果と副作用

ホルモン剤は即効性の高さなどから、不妊治療において非常に重宝されています。しかしその反面、強力な作用により体にさまざまな副作用をともなうことがあります。中には重大な症状を引き起こす副作用もあるため、現在治療中の方もこれから治療をお考えの方も予めチェックしておかれることをお勧めします。

クロミフェン製剤 :クロミッド・フェミロン・オリフェン・スパクロミン

シクロフェニル製剤:セキソビット など

【主な効果】
・排卵を誘発する
・複数の卵を育てる

【主な副作用】
・頭痛、めまい、目のかすみ、吐き気、食欲不振、ほてり、抑うつ
・卵巣が腫れ上がる「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」
・多胎妊娠(約5%)

hMG製剤:HMG・ヒュメゴン・パーゴグリーン など

FSH製剤:フェルティノームP・フォリルモンP など

【主な効果】
・排卵を誘発する
・複数の卵を育てる

【主な副作用】
・発熱、関節痛
・卵巣が腫れ上がる「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」
・多胎妊娠=約20%(hCG製剤併用時)

hCG製剤:HCG

【主な効果】
・排卵を促す
・着床率アップ

【主な副作用】
・発疹、めまい、頭痛、不眠、抑うつ、疲労感
・卵巣が腫れ上がる「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」

黄体ホルモン製剤:デュファストン・ルトラール・プロゲステロン膣座薬 など

【主な効果】
・着床率アップ
・妊娠の維持

【主な副作用】
・頭痛、吐き気、眠気、食欲不振、乳房のはれ、むくみ、発疹 など
・ルトラールの服用で、静脈の中に血栓が出来る場合がある

GnRHアゴニスト製剤:スプレキュア・ナサニール・リュープリン など

【主な効果】
・ホルモン分泌の促進
・(連続投与により)ホルモン分泌の抑制

【主な副作用】
・ほてり、のぼせ、抑うつ、膣乾燥などの更年期症状
・下腹部痛、不正出血
・骨粗しょう症

ダナゾール製剤:ボンゾール

【主な効果】
・ホルモン分泌の抑制

【主な副作用】
・ニキビ、体重増加、肩こり、むくみ、ほてり、のぼせ、膣乾燥 など
・毛深くなる、声が低くなる、乳房が小さくなる などの男性化症状
・静脈の中に血栓ができることもある
・肝機能の低下、肝機能障害障害

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ