流産を繰り返す場合について- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

流産を繰り返す場合について

何度も流産してしまうのは不妊症?

赤ちゃんを希望されている女性の中には、「妊娠はするけれど、流産や死産を繰り返してしまう」というお悩みをお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。
これは、正確には不妊症ではなく、不育症(ふいくしょう)にあたり、不妊症とはまた違った治療が必要になります。
なお、流産の確率は、全妊娠のうちの約10?15%といわれており、一度の流産はさほど特別なことではありません。
もちろん、流産はたった一度であっても辛く悲しいことですが、「母体に問題があるのでは?」「卵子・精子に問題があるのでは?」と神経質に悩む必要はないと考えられています。

流産の種類について(稽留流産・切迫流産・習慣流産など)

ひとくちに流産といっても、色々なケースがあります。それぞれの定義は次のとおりです。

習慣流産

流産を3回以上、繰り返した場合。妊娠した女性のうち、1〜2%の確率で起こる。

反復流産

流産を2回以上、繰り返した場合。妊娠した女性のうち、2〜5%の確率で起こる。

稽留(繋留)流産

出血などの流産症状はないが、子宮内で胎児が死亡している場合。

切迫流産

子宮内の胎児は元気だが、出血などの流産症状がでている場合。

不育症

習慣流産とほぼ同義語として用いられている。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ