不妊症のさまざまな原因<女性・男性> - 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊症のさまざまな原因

不妊症の原因は男女ほぼ半々

不妊症の原因は、男性によるものが40%・女性によるものが45%とほぼ同じ確率だと言われています。そのため、どちらか一方だけではなく男女ともに原因がある場合も決して珍しくありません。不妊症の原因は男女それぞれ数種類ずつあります。

不妊症の原因<女性>

妊娠における女性の役割は、「卵巣で卵子を作り成熟させる」「成熟した卵子を排卵し、卵管の中に取り込む」「受精卵を子宮内に着床させる」の3つで、これらのプロセスに問題があると不妊症となってしまいます。そんな女性の不妊原因には以下のものが挙げられます

卵管障害

精子や卵子・受精卵の通り道である卵管が、何らかの原因で詰まることで妊娠が難しくなってしまう状態を卵管障害と呼びます。女性の不妊原因で最も多く、約30〜40%を占めると言われています。

排卵障害

卵巣内で卵が育たない、あるいは育っても排卵しない状態。女性不妊の4分の1がこの排卵障害だと言われています。

着床障害

子宮内膜の状態が悪いため、受精卵がうまく着床できず妊娠の確率が下がってしまう状態のことです。

子宮内膜症

子宮の内側にある内膜が、何らかの原因により子宮内部以外にも発生してしまう病気で、重症になると卵管を詰まらせ卵管障害を招いたり、卵巣に発生すると排卵障害を招く原因となってしまいます。

黄体機能不全

排卵後、卵胞は黄体と呼ばれるものに変化し、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを大量に分泌します。そして黄体ホルモンの分泌により受精卵が着床しやすいよう子宮内膜が増殖して行くのですが、黄体ホルモン分泌が弱いと子宮内膜が増殖せず着床障害を招いてしまいます。この状態を黄体機能不全と呼びます。

高プロラクチン血症

出産時、乳汁を分泌させるために脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンが、妊娠していないにも関わらず多量に分泌される状態のこと。このホルモンには生理や排卵を抑える働きがあるため、黄体機能不全や排卵障害を招き不妊症の原因となってしまいます。

機能性不妊

さまざまな検査をしても原因が見つからない、そんな原因不明の不妊症を機能性不妊と呼びます。不妊症の約一割を占めていると言われています。

性感染症

性交渉によりクラミジアや淋病などの性感染症にかかると、子宮頸管や卵管に炎症を起こし、不妊の原因となることがあります。自覚症状がほぼ無いことから年々世界的に増加していると言われています。性感染症は、産道感染により生まれて来る赤ちゃんが結膜炎や肺炎にかかってしまう恐れがあるため、出産前に治療しておく必要があります。

抗精子抗体

本来異物ではない精子を異物であると認識し、排除しようとアレルギー反応を起こしてしまう抗体のこと。抗精子抗体は主に、子宮頸管から子宮頸管粘液、子宮腔、卵管内などに発生し、進入してきた精子を拒絶してしまうことから妊娠の確率が下がってしまいます。

不妊症の原因<男性>

妊娠における男性の役割は、「健康な精子を作る」「精子を女性の体内に送り込む」ことで、このプロセスに問題があると不妊症となってしまいます。そんな男性の不妊原因には以下のものが挙げられます。

造精機能障害

造精機能障害とは、精子をつくる機能に障害があり精巣でうまく精子が作ることができないことです。男性不妊の原因でもっとも多く、90%を占めると言われています。WHO(世界保険機構)の定義では、精液検査で以下の数値を下回ると造精機能障害と定義されます。

【精子数】・・・精液1ml中に2000万匹以上
【運動率】・・・前進運動精子が50%以上
【奇形率】・・・15%以下
【生存率】・・・75%以上

副性器障害

精巣上体・前立腺・精のう線などの副性器が炎症をお起こし、精液中に白血球が増加して、精子の運動率などを低下させてしまう状態のことです。

精路通過障害

精子は作られているのに、精子の輸送路である精管に何らかの問題があるため、うまく精子が体外に運ばれない状態のことです。

性機能障害

性交時に勃起しない・うまく射精できないなど、性行為に何らかの障害がある状態です。身体的な原因だけでなく、ストレスや心の傷などのメンタル面が大きく関わっていると言われています。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ