不育症と習慣流産 - 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不育症と習慣流産

不育症とは・・・

不育症とは、妊娠したのに胎児が育たず、流産や早産、死産を繰り返し、出産することができない状態をいいます。このうち、流産は妊娠12週未満の早期流産が多く、なかでも妊娠8〜10週の流産が最も多いといわれており、それ以降の後期流産の確率はぐんと減ります。 また、母体年齢が高くなるにつれて、流産頻度は高くなり、胎児の染色体異常も比例して上がっていきます。母体年齢が30〜34歳で流産が15%、染色体異常は5〜6%、35〜39歳で流産が17〜18%、染色体異常は10%、40歳以上になると、流産は25〜30%、染色体異常は20〜25%にまで上がります。 流産の種類としては、進行流産、稽留流産、不全流産、感染流産、切迫流産、自然流産などがあります。主な症状として、最初に出血があり、しだいに下腹部に緊満感や鈍痛が起こり、強い生理痛のような痛みが続き、その後、子宮の内容が排出されます。 また、後期流産の場合は、クラミジアなどの感染症による子宮収縮を伴う破水や、頸管無力症などが主な原因と考えられます。

習慣流産とは・・・

日本産科婦人科学会の定義によると、習慣流産とは3回以上流産を繰り返した場合、2回の流産を繰り返した場合を反復流産といいます。妊娠した女性のうち、反復流産は2〜5%、習慣流産は1〜2%の確率で起こります。原因としては、習慣流産の約20%〜60%の人が子宮内膜の環境が整わないため、受精卵が育たない黄体機能不全があると考えられています。 ほかにはお腹の胎児に十分な栄養がゆきわたらなかったり、胎盤に血栓ができたりすることにより子宮内で胎児が死亡してしまう、抗リン脂質抗体などの血液凝固異常や、夫婦のどちらかに染色体異常がある場合、子宮に奇形がある場合も例外ではありません。 また、母親の血液型がRh(−)、胎児がRh(+)であるなどの、母子の血液型の不適合も流産や死産が発生する原因の一つといえるでしょう。 原因が不明の場合は、母体が胎児を異物としてとらえてしまい、受精卵の着床や胎児を拒絶、攻撃することにより流産してしまう同種免疫異常が考えられます。このように習慣流産には、何らかの原因があることが多いので、詳しい検査が必要です。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ