不妊治療で使われる薬- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

不妊治療で使われる薬

治療ごとに使われる薬と副作用一例

不妊治療では、体内の不足したホルモンを補充したり排卵を促したり、または不妊症の原因となる症状を治療したりと、目的に応じて様々な薬が用いられます。治療の目的ごとに使われる薬の種類と使用における副作用の一例をご紹介します。

排卵誘発剤

無排卵が原因の不妊症の場合、手始めとして排卵を促す治療がおこなわれますが、その際に用いられる「排卵を促す」ための薬です。効果が穏やかな内服薬と効果の強力な注射薬があります。

<薬の種類>
・クエン酸クロミフェン製剤、シクロフェニル製剤(内服薬)hCG製剤、hMG製剤(注射薬)など

<副作用一例>
・卵巣が腫れる、視覚症状、頭痛、情緒不安定、悪心、嘔吐、口渇、疲労感

卵胞ホルモン・黄体ホルモン混合製剤

2種類のホルモンを補い、月経異常や機能性子宮出血、月経周期の調節を目的として使われます。内服薬や下腹部・臀部に貼付ける貼付薬があります。

<薬の種類>
・エストラジオール製剤、エストリオール製剤、結合型エストロゲン製剤、メストラノール製剤 など

<副作用一例>
・四肢や肺・心筋・脳などの血栓、肝機能の異常、不正出血、発疹、むくみ、頭痛、めまい

黄体ホルモン剤

黄体ホルモンを補うための薬で、主に無月経や黄体機能不全・卵巣機能不全などの治療で用いられます。内服薬や注射薬があります。

<薬の種類>
・アリルエストレノール製剤、酢酸ブセレリン製剤、ジドロゲステロン製剤、ダナゾール製剤

<副作用一例>
・四肢や肺・心筋・脳などの血栓、うっ血性心不全、むくみ、体重増加、旨の張り・痛み、動悸、血圧上昇、貧血、頭痛、めまい、うつ

高プロラクチン血症治療剤

排卵障害の原因である、高プロラクチン血症を治療するための薬(内服薬)です。

<薬の種類>
・ドパミン製剤、甲状腺ホルモン製剤、抗甲状腺剤 など

<副作用一例>
・幻覚、潰瘍、高血圧、発疹、頭痛、吐き気、しびれ、耳鳴り、便秘、食欲不振、寒気

子宮内膜症治療剤

子宮内膜症や子宮筋腫、機能性子宮出血、月経困難症、習慣性流産などの治療に使われる薬(内服薬・点鼻薬)です。

<薬の種類>
・酢酸ナファレリン製剤、酢酸プセレリン製剤、ジドロゲステロン製剤、ダナゾール製剤

<副作用一例>
・脱毛、うつ、血栓症、外陰部のかゆみ、膣の乾燥、にきび、発疹、不正出血、おりもの、貧血、肩こり、腰痛、吐き気、便秘、下痢

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ