フーナーテストで分かること- 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

フーナーテストで分かること

フーナーテストとは?

フーナーテスト(ヒューナーテスト)とは、精子が子宮に入るために泳いでいく女性の子宮頸管粘液を調べる検査で、粘液中の精子数や生存状態から、精子を殺してしまう抗精子抗体や、粘液の分泌不全・造精機能障害といった不妊症の原因が潜んでいないかを調べることができます。

フーナーテストの方法

フーナーテストは一般的に、(精子が運動しやすい)粘液がサラサラで分泌量の多くなる排卵前のタイミングでおこなわれます。
まず、検査の3〜8時間前に性交をおこなったのち、子宮頸管の内側の粘液を針のない注射器を使って採取し、400倍の顕微鏡で観察します。
規定の判定基準に沿って診断がおこなわれますが、フーナーテストは1回での判断が難しいため、複数回おこない総合的に判断されます。
結果が不良の場合は、詳しい原因を特定するために血液検査や精液検査などへと進んでいきます。

検査にともなう痛みはほとんどなく数分で終わるため、通常の内診と同じ感覚で受けることができます。1回の費用は1,000円〜3,000円ほどです。

▼判定基準(400倍視野あたりの運動精子数)
・優 15個以上
・良 10〜14個
・可 5〜9個
・不良 4個以下

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ