卵管障害の原因と治療法 - 不妊症の方のための妊娠応援サイト『コタマゴ』


応募はコチラ

卵管障害の原因と治療法

卵管障害とその特徴

卵管は、卵巣から排卵された卵子を取り込んだり、精子や受精卵が通る道であったりと、排卵・受精・着床の一連の流れにおいて非常に大きな役割を担っています。 そのため、この卵管が詰まったり塞がってしまうと不妊症の原因となり、この状態を「卵管障害」と言います。 卵管は細い部分で1mmほどしか幅がなく、些細なことですぐに塞がってしまうことから、卵管障害の方はとても多く、不妊症の原因のおよそ3割を占めると言われています。

卵管障害の原因

卵管障害は、以下の原因から招かれることが多いそうです。

性感染症による炎症

クラミジアや淋病などの感染症にかかると卵管に炎症が起こり、卵管が癒着することがあります。

子宮内膜症の発症

本来、子宮内膜に発生する子宮内膜組織が卵管に発生した場合、炎症が起こり癒着を招いてしまいます。

手術の後遺症

過去に帝王切開や子宮外妊娠、盲腸、腹膜炎などで開腹手術をおこなった場合、卵管に菌が進入し癒着することがあります。

卵管水腫の発生

卵管に炎症があることで、卵管内に水や分泌物がたまってしまう状態。卵管が詰まる原因になります。

卵管障害の治療法

卵管障害の治療では、まず卵管の詰まり具合を調べるための「子宮卵管造影検査」をおこないます。この検査は子宮腔から造影剤を注入し、卵管内における造影剤の通り具合を観察するもので、卵管の通りが良くなることから、軽い詰まりであれば改善させる効果があります。検査以降3〜6ヵ月ほどは、妊娠しやすくなる、通称「ゴールデン期間」と言われ、実際に検査後に自然妊娠された方も決して少なくありません。検査結果から癒着や閉塞がまだ確認される場合は、癒着の状態や原因、患者の要望などに合わせ以下の治療がおこなわれます。

癒着が軽度で、性感染症や子宮内膜症がある場合 ⇒ 薬物療法

癒着が比較的軽く、他の検査で感染症や子宮内膜症が確認されている場合は薬物療法をおこないます。性感染症の場合は抗生物質で菌を抑え、子宮内膜症がある場合はホルモン剤で生理を止め、生理とともに活性化する内膜の増殖を抑えます。

重度の癒着があるが、自然妊娠を希望する場合 ⇒ 腹腔鏡手術・卵管鏡下卵管形成術

酷い癒着でも自然妊娠を希望する場合は、手術で治療する方法があります。手術法は主に、お腹に5mm〜1cmほどの穴を開け、内視鏡を挿入し患部を直接観察しながら手術する「腹腔鏡手術」と、先端が広がるバルーンカテーテルを膣から卵管に挿入し、卵管内で膨らませ癒着をはがす「卵管鏡下卵管形成術」の2種類の方法があります。

治療が困難・妊娠を急ぐ・上記の治療でも効果がなかった場合 ⇒ 体外受精

癒着がひどく治療が難しい、高齢出産などで妊娠を急いでいる、薬物治療や腹腔鏡手術・卵管鏡下卵管形成術をおこなっても妊娠できなかったという場合、卵管を使わずに妊娠が可能な体外受精がおこなわれます。

不妊を乗り越えた人たちだけが知っている!失敗しない改善法、コタマゴ無料プレゼント中!

サブメニュー


このページの上へ